TEL

Blog記事一覧 > 症例紹介 > 腸脛靭帯炎 (ちょうけいじんたいえん)

腸脛靭帯炎 (ちょうけいじんたいえん)

2016.10.15 | Category: 症例紹介

おはようございます。流山市・南流山・新松戸の中井スポーツ整骨院です。

今日は交通事故やスポーツ、日常生活などでもよくおこる腸脛靭帯炎 (ちょうけいじんたいえん)についてお話します。

腸脛靭帯炎 (ちょうけいじんたいえん)はがに股の方や身体をよく動かしたりする方が多く発症します。

痛みが強くなると足が痛くて上がらなくなることもありますので、お気をつけくださいませ。

痛みが強い場合などは、アイシングなどで冷却をしお風呂などもシャワー程度にしましょう。

また、早期治療が早期回復の鍵となりますので、きちんと治療を行いましょう。

 

傷病名:腸脛靭帯炎 (ちょうけいじんたいえん)

 

傷病説明:骨盤の外側から太ももの外側を通って、スネの外側まで走行している腸脛靭帯(ちょうけいじんたい)という靭帯があります。その靭帯が太ももの骨の出っ張り部分にこすれて痛みを起こしています。

 

大きな痛みが改善するまでの見込み期間:    7日 ~   10日

だいたいの痛みが改善するまでの見込み期間:    3週 ~   4週

 

通院予定:2週間はできる限り毎日ご通院することをおすすめします。その後は経過に合わせてお伝えします。

 

施術方針:患部の炎症症状を引かせるための施術をします。また、症状に合わせて、原因となっている筋肉の緊張をほぐすための電気治療やマッサージを行います。

 

アドバイス:屈伸動作や激しい運動は控えて下さい。患部をアイシングして下さい。冷却20分を3セット。ジョギングなどもしばらく控えて下さい。

 

備考:痛みがなくなってから、すぐ運動を再開すると再発します。徐々に再開するようにして下さい。

 

ご注意

保険会社より保険請求について、問い合わせがありましたら、当院にお知らせ下さいませ。

回答内容に不備がございますと、治療費は支払われない可能性がございます。

 

交通事故スポーツ障害は流山市・南流山・新松戸の中井スポーツ整骨院 〒270-0163 千葉県流山市南流山1-19-7

交通事故、訪問治療は流山市・南流山・新松戸の楽楽館訪問マッサージ 〒270-0163 千葉県流山市南流山1-19-7

当院へのアクセス情報

所在地〒270-0163 千葉県流山市南流山1-19-7
駐車場合計10台 当院の前に4台 院外6台あり
電話番号04-7113-4104
休診日火曜・祝日
助成券取扱  市町村流山市・松戸市
訪問可能エリア流山市(一部除く) 松戸市(新松戸・馬橋・北小金など)       柏市(一部)※範囲外の方もご相談下さい。対応可能な場合があります。
院長中井 啓太