2018年8月 市川中学校バスケットボール部での障害予防講演

市川中学校のバスケ部で障害予防の運動指導を行いました。
中学生によくある間違った動きの修正を行い、ケガのしにくい体の使い方を指導しました。ケガをしにくい体の使い方ができるとパフォーマンスも自然とあがります。中学生のころは成長期で体が大きくなるため、スポーツが上手くなった感覚に陥りやすいですが、しっかりと正しい動作を教えその上で伸びてほしいですね。


PAGE TOP
MENU