TEL

スポーツ障害 | 南流山駅・流山市・南流山 中井スポーツ整骨院

お問い合わせはこちら

スポーツ障害

スポーツ障害は南流山駅・流山市・南流山・新松戸の中井スポーツ整骨院へ

スポーツをするうえでケガはつきものです。特に正しい関節、体の使い方ができないと、練習をすればするほどケガのリスクが高まります。そして、間違った関節、体の使い方が染みついてしまうとケガのリスクが高くなるだけでなく、スポーツの上達までもが遅くなってしまうのです。
中井スポーツ整骨院では、施術後にトレーニングをおこない正しい関節、体の動きを習得できるよう指導しております。

それではスポーツでのケガと正しい体の使い方について解説していきます。まず、スポーツのケガは、大きくわけて ①防げるケガと②防げないケガがあります。まずは①防げるケガの説明からしていきましょう。

①防げるケガ

スポーツで防げるケガは、運動の動作不良やオーバーワークなどです。
ほとんどの学生スポーツのケガはこの2つが原因となっています。人間には数百の骨と筋肉がありそれらが関節を作って体を動かしています。
関節には、大きく分けて動く関節と安定させる関節があり、それぞれが役割分担しながら機能しています。しかし、動く関節が動かなくなる(動かし方がわからない)と本来安定させるための関節が無理やり動こうとしてしまい(代償)、体に無理がかかりケガに繋がります。

こちらの写真は肩がまっすぐ上に上がらない人の特徴です。
左の写真では、腕が天井方向に上がっていません。(肩もしくは胸の骨に問題があることが多い)
この人が、スポーツや日常生活でさらに肩を上げようとすると、肩はこれ以上、上がらないので右の写真のように腰が反りながら上げようとします。つまり腰に負担をかけながら肩を上げているのです。このような人で腰の痛みを抱えている人の場合、腰の施術をいくらやっても解決しません。
肩の動きを正常にすることにより、痛みがなくなること多数ありますので、体の使い方はとても大切と考えております。

②防げないケガ

試合や練習中のアクシデント(接触プレーなど)によるケガは防ぐのが難しいと言われています。

まれに、「フィジカルが弱いから当たり負けするんだ。」との声も現場ではよく耳にしますが、基本的にケガをした本人はどうすることもできなかった場合がほとんどです。
※補足・・・フィジカルが強いと確かに当たり負けはしにくくなります。監督、コーチの意見も私は正しいと思います。しかし、私が思うには、スポーツにおいて接触プレーで当たり負けしない体作りの前に正しく体が動かせるか、ケガを起こしやすい体の使い方をしていないかなどを練習されるほうが効率が良いと考えています。正しい体の使い方ができれば、全身に力が入れやすくなり、自然とフィジカルも向上します。
正しい体の動かし方がわからない指導者の皆様。ご安心ください。当院ではトレーナー派遣も行っています。定期派遣、スポット派遣ともにしておりますので、一度ご相談ください。

疲労骨折の予防施術も大切

疲労骨折は、通常は骨折を起こさない程度の力が、継続的に骨のある部分にかかることによって、骨組織の結合が弱まっていき最後には骨組織が崩壊して骨折になるというもので、スポーツの種類によって、疲労骨折しやすい部位が異なってきます。
疲労骨折を予防するために骨に継続的に加えられている負荷を分散させるなど、常に負荷を軽減するストレッチなどが効果的と言われています。
南流山駅・流山市・南流山・新松戸の中井スポーツ整骨院は、疲労骨折の予防的施術ではスポーツによって加わった負荷を緩和するために、お客様お一人お一人の負荷のかかり具合に応じた施術メニュー、トレーニングをご用意してい               ます。

【スポーツのケガ、長く続く痛みに最適の機械ショックマスター】

【適応疾患】

五十肩・腱鞘炎・バネ指・野球肩・野球肘・テニス肘・ゴルフ肘・ランナー膝・ジャンパー膝・オスグッド・シンスプリント・足底筋膜炎・慢性化している筋や腱の痛み全般・試合前の痛み止め(1~3日持続)・可動域など体のコンディションUPなど

 

肩のケガ

 野球による痛み

肘のケガ

ゴルフによる痛み

テニスによる痛み

野球による痛み

 

膝のケガ

・ バスケ、バレーボールによる痛み

 ランニングによる痛み

成長期に起こる痛み

・ ランニングによるすねの痛み

 

かかと、足の裏のケガ

アキレス腱の痛み

足の内側の痛み

足の裏の痛み