TEL

野球肘

野球肘は南流山駅・流山市・南流山・新松戸の中井スポーツ整骨院へ

野球肘とは

 

毎日ある特定のスポーツを行い続けることで発症しやすい関節障害を、そのスポーツの名前を取って病名にしているものが少なくありません。「野球肘」もその1つ。特に子供の場合まだ成長期の柔らかい骨である為、大人の固い骨と違って間違った使い方をしたり酷使したりすることによって簡単に痛んでしまいます。野球少年の場合、何度も力いっぱい投球を繰り返すことで肘に負荷がかかり、傷めてしまうのです。南流山駅・流山市・南流山・新松戸の中井スポーツ整骨院では、野球肘の痛みの治療だけでなく、フォームチェックをしアドバイス、改善をしていきます。
野球肘、痛い、腫れる、解決

 

野球肘には「内側型」と「外側型」とがあり、それぞれに痛みを引き起こしている部位や治療法が異なります。まず「内側型」ですが、これは肘の内側の骨につく筋や腱がタイトネス、つまり柔軟性がなくなることで衝撃の緩和力が落ちることで起こっています。これはストレッチ不足や投球時のフォームの異常によって起こっているため、これらを改善することで痛みもとれていくことが殆どであるため、それ程深刻なものではありません。南流山駅・流山市・南流山・新松戸の中井スポーツ整骨院では、内側側の場合重度でなければ練習を続けながらの治療方針をとっています。

 

一方、「外側型」は「離断性骨軟骨炎」とも呼ばれるもので、投球時に肘の関節同士がぶつかり合うことで軟骨が損傷してしまっている状態です。離断性骨軟骨炎の初期は軟骨が壊死しかけている状態で、投球時にのみ痛みを感じますが、中期になると軟骨に亀裂が入り、肘の曲げ伸ばしが困難になり、更に末期になると軟骨が剥がれ落ち、肘が動かなくなったり激しい肘の痛みが出たりします。この場合は練習中止を告げることが多く、重症の場合は提携医療機関で紹介もします。

 

外転型は小学生の時期に発症しやすく、スポーツ選手を目指しているのであれば今後の選手生命にも関わる重大な事態ですから、早めの処置が必要になります。

 

内側型の場合、前述の通りそれ程重篤な自体ではありませんから、治療も手術を要するようなものではありません。まずは筋や腱の炎症を抑える治療を行います。

 

基本的にはしばらく投球など炎症を悪化させる動作を中止しアイシング、ストレッチなどで、ある程度炎症が落ちついてから、リハビリに入ります。このリハビリによって関節の機能に改善が見られるようになれば、少しずつ様子を見ながら投球を開始することになります。

 

野球少年のひじの痛みがなくなった後のリハビリ

投球時や投球中に起こる肘の痛みは、使い過ぎか間違った投球フォームによって引き起こされる肘関節の炎症や軟骨の損傷が原因です。別名「野球肘」とも呼ばれますが、その痛みを与えている原因や進行度によって治療法にも違いが出てきます。

野球肘の治療では、基本的には手術を行うことはありません。肘関節の炎症が原因であれば、保存療法、つまりしばらく投球動作を中止する、フォーム修正などで負担を減らすことで、回復していくからです。

 

手術が必要になるのは、肘関節の軟骨が投球動作の衝撃によって削れて剥離し安静にしていても自然治癒の見込みはないと判断された場合や、剥離した軟骨の破片が関節内を動き回る「関節ネズミ」と呼ばれる症状になっている場合、あるいは肘の靭帯が衝撃に耐え切れず断裂などの損傷をおこしている場合です。
野球肘、痛い、腫れる、解決

 

保存療法がとられる場合であっても手術が必要な場合であっても、ある程度回復した頃からリハビリ治療に入ることになります。リハビリの主な内容はストレッチで、指導の元、肘、および投球の際に動かす肩や手首、手先まで関係する全ての筋肉をしっかり伸ばしていきます。

また体全体を慣らしていくため軽いウォーキングや筋トレも行うこともあります。可能な範囲にまで回復したら投球練習も始まりますが、このときもまだ全力投球はできません。投球前後のウォーミングアップやクールダウンも大切なメニューの1つです。

投球練習はリハビリ開始から1ヶ月程度で始めることができますが、100%の全力投球が可能になるまでにはもう少し辛抱しなければなりません。野球肘の症状や進行程度、手術の内容などによって違いますが、完治までには1~3ヶ月ほどかかるとされています。

また投球フォームが問題で野球肘を発症した場合には、投球フォームの修正もリハビリのうちに入ります。フォームをしっかり修正せずに再び復帰してもまた同じことの繰り返しになってしまうため、これは必須と言えるでしょう。

南流山駅・流山市・南流山・新松戸の中井スポーツ整骨院では、トレーナーが在中している為、いつでもトレーニング方法、ケア方法などの相談が可能です。野球肘でお悩みの方は一度ご相談下さい。

野球の大谷選手や片山選手も愛用のショックマスター
地域初導入しております。

【適応疾患】

五十肩・腱鞘炎・バネ指・野球肩・野球肘・テニス肘・ゴルフ肘・ランナー膝・ジャンパー膝・オスグッド・シンスプリント・足底筋膜炎・慢性化している筋や腱の痛み全般・試合前の痛み止め(1~3日持続)・可動域など体のコンディションUPなど

当院へのアクセス情報

所在地〒270-0163 千葉県流山市南流山1-19-7
駐車場合計10台 当院の前に4台 院外6台あり
電話番号04-7113-4104
休診日火曜・祝日
助成券取扱  市町村流山市・松戸市
訪問可能エリア流山市(一部除く) 松戸市(新松戸・馬橋・北小金など)       柏市(一部)※範囲外の方もご相談下さい。対応可能な場合があります。
院長中井 啓太