TEL

足底筋膜炎 | 南流山駅・流山市・南流山 中井スポーツ整骨院

お問い合わせはこちら

足底筋膜炎

足底筋膜炎は南流山駅・流山市・南流山・新松戸の中井スポーツ整骨院へ

足底筋膜炎の代表的な7つの症状

これから紹介していく7つのパターンは、全て当てはまる方もいれば、1つしか当てはまらない方もいます。ただ、1つでも当てはまれば足底筋膜炎の可能性があります。もちろん当てはまる数が多いほど可能性は高くなります。一つ一つ、確認していきましょう。

1.動きはじめの一歩目が痛い

足底筋膜炎の方に多く見られる症状の一つで「動きはじめの一歩目を踏み出した時」に足の裏に痛みが走ります。

など、とにかく動き始めの一歩目にズキッと電気が走るような痛みがします。痛いのでどんどん足を付くのが怖くなってきます。そのため、足の裏にずっと意識を向けているので精神的にも疲れて来たり、イライラすることもあります。

 

2.歩く・走ると足の裏やかかとが痛くなってくる

普通にしている時はそこまで痛くないけど歩く、走るなど足の裏に衝撃がかかると痛みが出てくるのも足底筋膜炎の特徴の一つです。

また、痛い時と痛くない時の差が不規則でいつも歩くと痛いのに、今日は痛くない。だけど、そも次の日は痛くなるなど、足の裏の痛みが出てきたり、なくなったりもします。長時間歩くと痛みが起きたり、歩き終わったあとに痛みが起きる方もいます。

さらには、靴も関係してきます。例えば、平らな靴をはくと痛みが起きる方や、ハイヒールなど硬い靴をはくと痛みが増す方も多いです。 そのため、柔らかい靴を履いてしまいがちですが、柔らかい靴はあまり良くないです。

 

3.足が地面に着く瞬間または、離れる瞬間が痛い

普通に歩いても痛くないが、階段から降りるときだけ痛い。または、足が地面から離れるときだけが痛いという方もいます。これの動きで痛みが出る場合は「足の指」が関係しているかも知れません。

痛みの確認の為に足の指をそったり、伸ばしたりして見て下さい。
この動作で足の裏に痛みが出るのも足底筋膜炎の症状です。

 

4.ずっと立ちっぱなしでいると痛くなってくる

立ちっぱなしが一番痛い方もいます。特にコンクリートのような固いところに長時間立つことが一番痛くてたまらないので、靴に中敷きを入れたり、靴下を厚くしたり、家の中でも柔らかいスリッパを履きたくなります。

どうしても痛くない方の足に体重をのせてしまう為、体が歪んでいる感じがしたり、痛くなかった方の足が痛みはじめたりすることもあります。 

 

5.足の裏がしびれてくる感じがする

足を地面につけていなくても痛い方もいます。例えば、寝ててもジンジンと痛かったり、足の裏が熱を持っているような感じがあるため氷などで冷したくなるのも足底筋膜炎の症状です。 

 

6.常に足の裏や指の付け根に違和感を感じる

立っているとデコボコの砂利にずっと立っているような感じがしたり、裸足の状態でも靴の中に石がはいった時のように何かふみ続けているような感覚がある足底筋膜炎の方もいます。

 

7.足の裏を押すと痛い場所がある 

指で足の裏を押して行くと痛みが強くなる場所があるのも足底筋膜炎の症状です。また、床のコードを不意にふんでしまったときには激痛がはしるなど何かを踏んだ時に痛みが起きる人もいます。 

 

7つの症状のまとめ 

  1.  動きはじめの一歩目が痛い
  2. 歩く・走ると足の裏やかかとが痛くなってくる
  3. 足が地面に着く瞬間または、離れる瞬間が痛い
  4. ずっと立ちっぱなしでいると痛くなってくる
  5. 足の裏がしびれてくる感じがする
  6. 常に足の裏や指の付け根に違和感を感じる
  7. 足の裏を押すと痛い場所がある

1. 足底筋膜炎でおもに痛くなる箇所

下の図は、足底筋膜炎の方が痛くなることが多い3つの箇所です。

sokutei-sore 

痛みが起きるのは、主にこの3箇所ですがこの3箇所にかぎらず、足の裏が痛いとほとんどが足底筋膜炎と診断されます。 

では、なぜ、あなたの足の裏に痛みが起きたのでしょうか?

 

2.なぜ、足の裏が痛くなってしまったのか?

足底筋膜炎とは、読んで字のとおり「足の底の筋膜が炎症を起こしている」症状です。足の裏には、さまざまな筋肉があって、その筋肉を包むように「足底筋膜」という膜に包まれています。この図ですと緑の矢印が指しているところが足底筋膜です。

 sokutei-anatomy

 

その膜が炎症を起こしているので痛いのですが、「炎症」といってもお医者さんは実際に炎症が起こっているのを確認したわけではありません。また、炎症であるならば少し休んでシップを貼っておけば治るはずです。

しかし、休んでいるのになかなか治らないのが現状です。炎症というよりも、「足の裏の筋肉の膜」が硬くなっている。という方が正確かもしれません。

歩くとき、走るとき、足を地面に着けるときに、足裏の筋肉や筋膜がギューッと引きのばされます。

通常なら痛みませんが、足底筋膜炎の人は、硬くなって柔軟さを失った筋肉や筋膜が、強く引きのばされるので痛いのです。痛みをなくすためには、足底の柔らかさを取り戻すことです。

足底筋膜炎を治すために原因を知っておくことは非常に有効です。南流山駅・流山市・南流山・新松戸の中井スポーツ整骨院では、なぜなってしまったのかを見つけ的確に指導致します。

 

3.足底筋膜炎に最適な施術法

足底筋膜炎は、治らない症状では、ありません。しかし、我慢を続けるのも治りづらくなってしまうので出来るだけ早く施術をおこなうことをおすすめします。 

南流山駅・流山市・南流山・新松戸の中井スポーツ整骨院では、極力スポーツや仕事を続けながら施術を行っていきます。お一人で判断せず、一度ご相談下さい。

 

4.足底筋膜炎以外の足の裏の痛み 

自分の足の裏の痛みは、ここまで紹介してきた症状とは少し違うと感じる方は、足底筋膜炎以外の足の裏の痛みかも知れません。例えばこれらも足の裏が痛む症状です。

足底筋膜炎は、根本的な原因を改善することが出来る施術方法で施術を行えば早期に回復します。南流山駅・流山市・南流山・新松戸の中井スポーツ整骨院は根治施術を致しますが、お客様の普段の生活や姿勢、歩き方を変えないと根治には時間がかかります。一緒に足底筋膜炎を治していきましょう。

野球の大谷選手や片山選手も愛用のショックマスター
地域初導入しております。

【適応疾患】

五十肩・腱鞘炎・バネ指・野球肩・野球肘・テニス肘・ゴルフ肘・ランナー膝・ジャンパー膝・オスグッド・シンスプリント・足底筋膜炎・慢性化している筋や腱の痛み全般・試合前の痛み止め(1~3日持続)・可動域など体のコンディションUPなど