TEL

交通事故 診断書

南流山駅・流山市・南流山・新松戸の中井スポーツ整骨院は診断書の取得方法についてもアドバイスさせていただきます

診断書が必要な理由

交通事故で補償を受ける際に診断書というのは絶対に必要になってきます。理由としましては交通事故でどこをケガしたのか?本当に交通事故でのケガなのか?これを証明するために必要です。取得すること自体は難しくない診断書ですが気をつけるべき点がいくつかあります。

診断書取得する際に注意点

診断書の発行は整骨院ではできません。もちろん交通事故治療は可能ですが、診断書は病院(整形外科)でしか発行することができません。そのため整骨院で交通事故治療をしていく場合であっても病院(整形外科)で診断書を発行してもらう必要があります。

交通事故発生後なるべく早く取得しましょう

交通事故での補償を受ける際に診断書は必要なことはご理解いただけたと思いますが、事故発生後10日~2週間を経過してしまうと交通事故との因果関係を認めてもらいづらくなります。交通事故でのケガの場合は、痛いところを病院、整形外科の医師に全て伝え、診断書を取得しておきましょう。

診断書部位にも要注意

診断書には通常、首を痛めた場合は「頚椎捻挫」、腰を痛めた場合は「腰部捻挫」というように痛めた箇所を個別に記載され、実はこの診断書の記載内容が非常に重要になってきます。例えば首と腰を交通事故で痛めたのに診断書に「頚部捻挫」しか記載されていなかった場合「首は治ったけど腰がまだ痛いから治療を継続したい」と訴えても保険会社に認めてもらえないことが多いです。理由は診断書に腰を痛めたという記載が無いからです。あとから取得しようと思っても事故発生から2週間以上経過していれば再取得は難しくなり、泣き寝入りしてしまうこともあります。このように、少しでも痛みや違和感があれば必ず「首」「右肩」「腰」「左足」などのように明確に記載してもらうよう、病院や整形外科の医師にお願いしてください。

診断書の再取得・セカンドオピニオンについて

交通事故でのケガの特徴として当日に症状が出にくいというものがあります。徐々に痛みが広がることも珍しくありません。この場合、交通事故発生後2週間以内であれば当初と違う部位に痛みが出ても取り直すことが可能です。また、初診時に納得のいく診断書を出してくれないことも少なからずあります。この場合は病院や整形外科を変えることも可能です。こちらも2週間以内であれば初診と違う病院でも全く問題ありません。

いつでもご相談ください

南流山駅・流山市・南流山・新松戸の中井スポーツ整骨院は交通事故治療だけでなく患者様が損しないための診断書の取得方法などを含めた補償についてもサポートしております。少しでも交通事故に疑問点がございましたらすぐにご相談ください。無料にて対応させていただきます。

当院へのアクセス情報

所在地〒270-0163 千葉県流山市南流山1-19-7
駐車場合計10台 当院の前に4台 院外6台あり
電話番号04-7113-4104
休診日火曜・祝日
助成券取扱  市町村流山市・松戸市
訪問可能エリア流山市(一部除く) 松戸市(新松戸・馬橋・北小金など)       柏市(一部)※範囲外の方もご相談下さい。対応可能な場合があります。
院長中井 啓太