TEL

有痛性外脛骨 | 南流山駅・流山市・南流山 中井スポーツ整骨院

お問い合わせはこちら

有痛性外脛骨

有痛性外脛骨は南流山駅・流山市・南流山・新松戸の中井スポーツ整骨院へ

有痛性外脛骨とは

 外脛骨とは足の舟状骨という骨の内側に存在する過剰骨(普通にはない余分な骨)で、15~20%の人に認められます。多くは骨の出っ張りがみられるだけですが、これに痛みを伴うような病態を有痛性外脛骨と言います。

 有痛性外脛骨は若年性のスポーツ障害として数多く見られる疾患の一つですが、成人になって疼痛が発症することも少なくありません。

 

図1

 多くは捻挫を契機として足部内側に疼痛が出現しますが、ときに明らかな誘因がなく痛みが生じることもあります。足部内側には疼痛を伴う骨性の隆起が認められ、扁平足を伴うことが殆どです(図1)。南流山駅・流山市・南流山・新松戸の中井スポーツ整骨院では有痛性外脛骨のお客様が多数来院しています。ご不明な点は遠慮せず何でもお聞き下さい。

 

有痛性外脛骨の診断

① 視診・触診
 

有痛性外脛骨は、足部内側に骨性隆起が認められ、同部に自発痛および圧痛を伴うことから診断は容易です。

 解剖学的には同部に後脛骨筋腱が付着しているため(図2)、この腱の走行を辿ると外脛骨の部位が容易に確認できます。

 また、多くの場合、土踏まずが低くアーチのない足、いわゆる扁平足の傾向のある足をしています。南流山駅・流山市・南流山・新松戸の中井スポーツ整骨院では、有痛性外脛骨の痛みの施術だけではなく、足のアーチ矯正、足の使い方など日常生活を細かく指導してきます。

 

図2

 

有痛性外脛骨の施術

① 保存療法

 

 まずは局所の安静を行い、鎮痛剤、温熱療法などの保存療法で疼痛の改善を期待します。症状が長引くケースや繰り返し疼痛が出現するようなケースではギプス固定を行ったり、足底板、サポーターなどを装着させる方法が有効なこともあります。殆どの場合これで症状は改善しますが、極一部のケースで手術療法が必要となることがあります。

 

有痛性外脛骨でお悩みのお客様

 有痛性外脛骨は、日常生活やスポーツ活動に支障を来す厄介な病態ですが、特に若年者においては体力向上のための貴重な時期をこの痛みのために思う存分にスポーツを楽しめないことになりかねない疾患ですので、是非、適切な施術を行い有意義なスポーツ活動を送らせてあげられるようにすることが大切です。

 有痛性外脛骨と思われる症状でお悩みの方は、南流山駅・流山市・南流山・新松戸の中井スポーツ整骨院もしくは足の専門医のいる医療機関で適切な診断と施術をお受けになることをお勧めします。

 多くの場合、足底板、サポーター等による保存療法で症状が治まりますが、もし保存療法で症状が治まらず、手術が必要と診断された場合でも、提携先医療機関へご紹介致しますので、安心してご相談下さい。

野球の大谷選手や片山選手も愛用のショックマスター
地域初導入しております。

【適応疾患】

五十肩・腱鞘炎・バネ指・野球肩・野球肘・テニス肘・ゴルフ肘・ランナー膝・ジャンパー膝・オスグッド・シンスプリント・足底筋膜炎・慢性化している筋や腱の痛み全般・試合前の痛み止め(1~3日持続)・可動域など体のコンディションUPなど