TEL

一般の腰、肩、膝などの痛み | 南流山駅・流山市・南流山 中井スポーツ整骨院

お問い合わせはこちら

腰の痛み

腰痛は腰に痛みを感じたり、炎症を起こしている状態を指す総称であり、病名ではありません。日本では8割の方が生涯で、何らかの腰痛を経験していると言われており、腰痛大国という不名誉な言葉もあるほど、腰痛で悩んでいるお客様は非常に多いというのが現状です。腰痛にはさまざま原因があって、またその原因も一つではなくいくつかの原因が複合している場合が多々ありますので、腰痛の原因の特定には注意が必要です。南流山駅・流山市・南流山・新松戸の中井スポーツ整骨院では、この原因を徹底的に追求し明らかにすることによって、原因に応じた最適な施術・整体をご提供しています。

「個人差が大きい腰痛の原因」

腰痛大国の日本では、病院のレントゲン検査等で異常が見られない場合、疾患にならないというのが現状です。これはむち打ちのケースとも似ていて、むち打ちも軽度の場合はレントゲンなどの画像検査では異常を見つけにくく、適切な処置がとられないケースがあります。南流山駅・流山市・南流山・新松戸の中井スポーツ整骨院は、腰痛を訴えるお客様お一人お一人の声をしっかりと受け止めることからはじめます。カウンセリングを重視するのは、お客様お一人お一人に応じた最適な施術・整体を行うために必要不可欠なことと考えています。是非一度南流山駅・流山市・南流山・新松戸の中井スポーツ整骨院までご来院ください。

「腰痛の人の特徴」

腰痛の人に共通する特徴があります。それは大腿四頭筋とハムストリングスが硬い。股関節、胸椎の回旋運動ができていない。
という特徴があります。自身でケアをするのであれば、まずはストレッチ。大腿四頭筋、ハムストリングス、体幹の回旋のストレッチを続ければ、ある程度は改善します。これらのストレッチをしっかりしても痛みが残る部位こそ、本当に施術が必要な場所です。
簡単そうに見えるストレッチですが、1か所にかける時間配分をしっかりとしましょう。

 

ぎっくり腰

腰痛の一つにぎっくり腰があります。重たい荷物を持ち上げようとしたときや、スポーツなどで急に体をひねったりしたときに見られますが、日常の生活でも長時間同じ姿勢でいて、急に姿勢を変えたときなどでもぎっくり腰になることがあります。腰部に痛みが走り、その痛みが続く状態で急性腰痛症と言います。

瞬間的に腰に大きな負荷がかかることによって引き起こされますが、以前から慢性的に腰に負荷がかかっていた場合にぎっくり腰になるケースが多く見られます。腰痛を自覚していなくても、腰には常に負荷が生じていますので、日頃から腰にかかっている負荷を取り除いておくことが大切です。南流山駅・流山市・南流山・新松戸の中井スポーツ整骨院では、この負荷を解消する施術によって、ぎっくり腰になりにくい健康な腰をつくる予防的な専門施術(整体)も行っています。

「最優先する施術は痛みの改善」

ぎっくり腰の施術では、痛みを取ることを最優先の施術としています。ぎっくり腰は日常生活に大きな影響を与えます。重度になると痛みで起き上がることもできませんので、お客様の痛みを解消して、すみやかに日常生活に支障のない状態に戻すことを最優先にしております。南流山駅・流山市・南流山・新松戸の中井スポーツ整骨院では、ぎっくり腰を早期改善する専門的施術を施術することによって、ぎっくり腰のお客様の生活復帰を支援しております。おおよそ3~5回ほどの施術で大きな痛みが改善致します。※症状により異なる

肩の痛み

肩こり

子供から大人まで悩まされる肩こり。痛みまではないものの、肩が重くて何事もやる気が失せてしまうこともあることでしょう。肩こりの解消はマッサージなどで筋肉を緩め対処することが多いようですが、多くの方が数日経つと再び肩こりに悩まされてしまいます。これはマッサージで筋肉を緩めるだけでは、抜本的な肩こり解消には至らないこと言うことです。こりの原因の筋肉は骨にくっついており、こりのひどい方は大抵、骨格も歪んでいます。そこで、いくら筋肉を緩め柔軟性を向上させても、骨格がゆがんでいては、筋肉も捻れすぐにもとの硬さへ戻ってしまうのです。南流山駅・流山市・南流山・新松戸の中井スポーツ整骨院では、骨格の整体とマッサージで筋肉を緩め肩こりを解消していきます。

肩こりは長い時間を掛けて歪んでしまった骨格を整えなければ改善しません。整体の他、自身での姿勢改善、運動などを平行していく必要があります。当院では、施術・整体だけでなく、自宅で行える運動など無料でアドバイスさせていただきますので、是非一度南流山駅・流山市・南流山・新松戸の中井スポーツ整骨院までご相談下さい。

南流山駅・流山市・南流山・新松戸の中井スポーツ整骨院は、お忙しい多くのお客様に対応するために、週末土日(9:00~15:00)も受付しております。 また、平日は夜8時まで受付しております。※交通事故のお客様は夜9時まで受付しております。(予めご連絡を)

四十肩 五十肩

四十肩や五十肩というのは、明らかな原因がなく、肩に可動性制限をきたしたり、痛みを自覚する場合に使われる一般的な呼称です。四十肩と五十肩の違いは、40歳前後でこうした症状がでるのか、または50歳なのか、という違いでしかありません。症状としては同じものと考えて下さい。また、20~60代でも同じような症状が起こる場合もあります。南流山駅・流山市・南流山・新松戸の中井スポーツ整骨院では、こうした四十肩、五十肩についてのご相談、ご質問もお受けしておりますので、お気軽にお問い合わせください。
ショックマスター(拡散型圧力波)の施術では週に1回の施術で石灰性沈着炎が4~6回で消失します。
ショックマスターについての詳細はコチラ⇒ショックマスター、四十肩・五十肩

予兆を自覚したらすぐに受診を

痛みがひどい、または可動制限がひどくて日常の生活や仕事に支障をきたすというケースが多々ありますので、たかが四十肩、五十肩と甘く考えるのは禁物です。四十肩や五十肩は、突発的に起こることはありません、少しつづ痛みと可動制限が広がっていきます。肩関節に鈍い痛みを感じる、腕がまわりにくいなどの予兆を自覚されましたら、迷わず南流山駅・流山市・南流山・新松戸の中井スポーツ整骨院までご来院ください。初期に施術・整体することにより、早期回復が見込めます。

南流山駅・流山市・南流山・新松戸の中井スポーツ整骨院では、通常の保険受付以外にも整体などの自費施術も行っています。組み合わせることでより高品質な施術を受けることが出来ますので、是非一度お越しください。

膝の痛み

肩関節、肘関節、股関節など関節は、いずれもとても大切な部位なのですが、膝は特に生活や仕事をする上で重要な部位ではないでしょうか。膝は事故やスポーツなど外傷が原因で損傷する場合が多く、通常の生活では損傷することはほとんどない強い関節です。しかし、加齢とともに軟骨組織などがすり減り、弱くなる関節なのです。南流山駅・流山市・南流山・新松戸の中井スポーツ整骨院は、事故や怪我による膝痛の改善はもとより、加齢によって弱ってきた膝の施術まで、さまざまな膝関節の悩みにお応えしています。

「損傷、ゆがみ、ズレが膝痛に」

膝痛をはじめとする膝関節の可動域は、その部位に疾病が生じている場合と、骨格の歪やズレの負荷が膝に加わっている場合があります。例えば、自動車事故で膝を打った場合など、当然、膝に損傷が現れる訳ですが、治癒後も膝が本調子に戻らない、また冬場などは痛みを感じるということがあります。こうしたケースでは、膝の関節や可動域が原因なのではなく、自動車事故によって骨盤やその他の関節にズレや歪みが生じていて、そのズレや歪みが、膝の関節に影響を与えているのです。
南流山駅・流山市・南流山・新松戸の中井スポーツ整骨院では、このように原因をエコーなどで客観的に捉えながらお客様に最適な施術・整体をご提供しております。

半月板損傷

スポーツをしていなくとも一度は聞いたことがあると思うケガが「半月板損傷」だと思います。

スポーツをしている人であれば、半月板損傷を経験をしたことがある人も多いのではないのでしょうか?

半月板ってドコ?ナニ?

半月板とは膝の骨と脛の骨との間にある軟骨のことを指しています。

半月板は内側と外側にあり、形状はC字型をしており、その形が半月状であることから半月板と呼ばれています。

半月板の役割

半月板が存在していることによって

①歩いたり、走ったりするときのクッションとして働く

②膝の曲げ伸ばしの動きをスムーズにする

③膝の骨、脛の骨の凸凹を適合させる

といった働きをしているため、半月板が損傷してしまうと膝の曲げ伸ばしに障害が現れてきます。

また、半月板が損傷したまま生活をしてしまうことによって、骨同士が擦れて変形性膝関節症へと進行してしまいます。

半月板損傷した場合の症状

半月板損傷が疑われる場合には、①膝の曲げ伸ばしがうまくいかない②曲げ伸ばしのときになにかが挟まっているような感覚がする③膝の中が痛い などの症状が現れることが多いです。

スポーツの現場では、ジャンプの着地や切り返し動作などで膝がねじれると損傷しやすくなります。実際にスポーツ現場で起こるとそのまま動けなくなることもしばしばあります。運動を中止し速やかに対処をしましょう。

半月板損傷の施術方法

当院ではエコーを用いて、半月板の損傷具合を把握します。軽度損傷の場合は再生してくるため、超音波を用いて再生を早めたり、関節の調整を行いながら施術をしていきます。

半月板は早期発見・早期治療ができなければ、最悪の場合は手術をする以外方法がなくなります。また、半月板損傷は明かな受傷場面が思いつかない場合も多くあります。(いつの間にか損傷)年齢やスポーツの有無に関係なく発生します。なので早めに回復できるようにしましょう!!