TEL

テニス肘

テニス肘は南流山駅・流山市・南流山・新松戸の中井スポーツ整骨院へ

テニス肘とは

 

テニス肘というのは肘の外側に痛みが出る怪我です。

 

気をつけの姿勢で手のひらを前に向けたときに、肘の関節の外側に当たる部分に痛みが出ます。

「テニス」という名称がくっついていますが、テニスによって発生するという意味ではありません。

肘の外側に、最も強く痛みを引き起こすのがテニスですので、テニスという名称がついています。

テニスによって発生することもありますし、日常生活によって発生することもありますし、繰り返しの仕事によって発生することもあります。

ポイントは、急激な怪我ではなくて、コツコツとダメージが蓄積していくことによる、繰り返しの負担による怪我であるということです。

ダメージが蓄積し続けることによって、長期間にわたって痛みが出やすくなります。

しっかりと改善していかないと、症状がいつまでも残り続けます。

どれだけ治療を行っても、どれだけ優れた治療家が行っても、症状の把握ができていないと改善しません。

南流山駅・流山市・南流山・新松戸の中井スポーツ整骨院ではエコーを用い、症状把握を的確に行っていきます。

 

 

テニス肘の原因

 

・肘の関節に原因があるパターン

 

・前腕の筋肉に原因があるパターン

 

 

ひとつは、肘の関節に直接ダメージが入るパターン。

スポーツなど、強い衝撃を何度も受けていると、肘の関節や骨の部分にダメージが蓄積していって、関節内部や骨がボロボロになってしまいます。

手術などで治療しなければならないパターンですが、正直なところ、あまり多くは発生しません。

ほとんどの原因は後者の、前腕の筋肉によるものです。

前腕には、指を曲げ伸ばしするための筋肉がついていますが、肘の外側には、指を伸ばすための筋肉がくっついています。

テニスでいえば、バックハンドの衝撃を吸収する、日常生活では、雑巾絞りの負担を吸収する、重たいものを持ち上げるための筋肉です。

何度も繰り返し、前腕の筋肉に負担が入ることで、筋肉が肘の関節の付着部を引っ張るようになり、炎症が出てきます。

骨や関節にダメージが入るのではなくて、筋肉のくっついている部分に炎症が起こるタイプ、これがテニス肘の中でも最も多いタイプのものになります。

 

パソコン&スマホのやり過ぎも原因になる

 

前腕の筋肉に負担が入ることで、テニス肘は発生するようになります。

手首をそらすための筋肉が原因になっている為、パソコンやスマートフォンの使いすぎることによって、テニス肘が発生する患者様も増えてきています。

パソコンやスマホを行っていたとしても、症状が強く出てくることは少ないです。

しかし、ダメージは確実に蓄積していくので、知らないうちに症状がどんどん酷くなっていき、ちょっとした衝撃を受けることで激痛が発生するようになります。

特にスマホでのゲームのやり過ぎによって、肘の痛みが出てきている方が激増しています。

テニス肘の痛みが長引いている方は、ぜひパソコンやスマートフォンのやり過ぎに注意して、前腕への負担が入りにくい環境にしていただければと思います。

 

 

南流山駅・流山市・南流山・新松戸の中井スポーツ整骨院では、スポーツトレーナーが在籍しており、体の使い方からケアの仕方、日常生活での注意点など細かく指導致します。院内にはトレーニング場もあり治療だけではなくリハビリも行えますので、是非一度ご相談下さい。

野球の大谷選手や片山選手も愛用のショックマスター
地域初導入しております。

【適応疾患】

五十肩・腱鞘炎・バネ指・野球肩・野球肘・テニス肘・ゴルフ肘・ランナー膝・ジャンパー膝・オスグッド・シンスプリント・足底筋膜炎・慢性化している筋や腱の痛み全般・試合前の痛み止め(1~3日持続)・可動域など体のコンディションUPなど

当院へのアクセス情報

所在地〒270-0163 千葉県流山市南流山1-19-7
駐車場合計10台 当院の前に4台 院外6台あり
電話番号04-7113-4104
休診日火曜・祝日
助成券取扱  市町村流山市・松戸市
訪問可能エリア流山市(一部除く) 松戸市(新松戸・馬橋・北小金など)       柏市(一部)※範囲外の方もご相談下さい。対応可能な場合があります。
院長中井 啓太