TEL

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎) | 南流山駅・流山市・南流山 中井スポーツ整骨院

お問い合わせはこちら

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)

ジャンパー膝の施術は南流山駅・流山市・南流山・新松戸の中井スポーツ整骨院

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎とは?)

ジャンパー膝とは、ジャンプなどの繰り返しにより、膝の下が痛くスポーツに支障をきたす疾患のことを言います。 自分はジャンパー膝なのか否かを確認するには、痛めている部位の膝蓋靭帯(しつがいじんたい)がどこなのかを知る必要があります。

膝蓋靭帯とはひざのお皿の下の部分になります。(お皿のすぐ上の部分も含めることがあります。)

膝蓋靭帯(しつがいじんたい)は、太ももの前の筋肉とつながっています。

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)

大きな太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)はひざを通り、ひざのお皿(膝蓋骨)を包むようにしてそのあと膝蓋靭帯(しつがいじんたい)となり、最後はスネの骨(脛骨)にくっつきます。

ジャンプやランニングを繰り返すことによって、太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)は疲労し、硬くなります。

太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)が硬くなると膝蓋靭帯(しつがいじんたい)も上方向へ引っ張られ、お皿(膝蓋骨)の部分で摩擦が起きやすくなります。
この摩擦により、膝に痛みがでるといわれています。

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)はジャンプ力の高い選手がなることが多いともいわれています。

好発

※ジャンプ競技でも室内競技のほうがジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)になることが多いといわれています。その他の競技では走り高跳び、走り幅飛び、体操などがあります。

症状

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)の症状は4段階に分けられています。

1.運動のあとに、ひざのお皿の下、または上側に痛みがある。運動は可能である。

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)

2.運動をしてすぐは痛みがあるが、ウォーミングアップをしていると徐々に痛みが和らいでくる。運動後にまた痛みがでてくる。(痛みはあるが運動はできる状態)

3.痛みが強くスポーツに支障が生じるためできない。

4.膝蓋靭帯(しつがいじんたい)が断裂している。(歩くのみでも痛みが強い)

診断

膝蓋靭帯(しつがいじんたい)そのものに圧痛や運動時痛などが診られる場合、ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)と診断されることが多いです。

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)の施術は当院が最も得意とする疾患の一つです。

多くのジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)で苦しむ選手たちを施術していました。

南流山駅・流山市・南流山・新松戸の中井スポーツ整骨院では、下記の施術でジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)の根本施術を行います。

①太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)を緩める。

上記にも書いたように、太ももの前の筋肉が膝蓋靭帯を引っ張って痛みを起こしています。
ですから、まずは硬くなった太ももの前の筋肉を入念にほぐす必要があります。
当院では、鍼施術、スポーツマッサージ、超音波を用いて筋肉を緩めていきます。

②膝蓋靭帯部の微細断裂の修復、深部炎症の消炎鎮痛を目的に施術

痛みを起こしている膝蓋靭帯部の修復、深部の消炎鎮痛、血液循環改善を行うために鍼施術またはスポーツマッサージ、超音波をおこなっていきます。
この時にポイントとなるのが、膝蓋靭帯のどの部分を痛めているかをピンポイントで探し出すことです。細かい触診によりどの部分が痛みの根本原因化を探って施術をおこなっていきます。

エコーで負傷箇所をピンポイントで探し、鍼施術・スポーツマッサージ、超音波をすることで効果も断然違ってきます。

南流山駅・流山市・南流山・新松戸の中井スポーツ整骨院では多くのジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)の施術経験があり、膝蓋靭帯の痛めている部位をピンポイントで探し出す触診力をみにつけています。

③バランスの崩れた腰~下肢のバランス調整

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)を起こしている選手は痛みをかばいながらプレーを続けていることが多く、それが原因で体のバランスを崩し、スポーツパフォーマンスが落ちてしまうこともあります。

この状態でプレーを続けていると、他の部位を痛める可能性もあるため、腰~下肢のバランス調整をおこない、ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)の再発を防ぎ、他の部位の怪我を防ぐ身体作りをおこなっていきます。

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)は、痛みがありながらプレーを続けていると、やがて腱が肥厚してきて、なかなか治りのわるい状態になってしまいます。

南流山駅・流山市・南流山・新松戸の中井スポーツ整骨院では早期施術が早期回復の鍵であると考えています。

ストレッチ、アイシングなどのセルフケアと施術で1日でも早い復帰を目指しましょう。

野球の大谷選手や片山選手も愛用のショックマスター
地域初導入しております。

【適応疾患】

五十肩・腱鞘炎・バネ指・野球肩・野球肘・テニス肘・ゴルフ肘・ランナー膝・ジャンパー膝・オスグッド・シンスプリント・足底筋膜炎・慢性化している筋や腱の痛み全般・試合前の痛み止め(1~3日持続)・可動域など体のコンディションUPなど