TEL

Blog記事一覧 > 豆知識 > 物理療法~超音波~

物理療法~超音波~

2018.09.06 | Category: 豆知識

今回から当院で利用しています物理療法を紹介していきたいと思います。

第一弾は『超音波

当院で通われている9割程の患者様が利用されており、ケガを早く治すためには必須のアイテムになっています。

 

治療を受けていて超音波にはどのような効果があるんだろう?と思ったことはありませんか。

超音波には大きく分けて以下の3つの使い方があります。

①炎症や腫れを早くひかせる

②固まってしまった筋肉を柔らかくする

③神経の興奮を抑制する

 

では、なぜ超音波をかけることで早くケガが治るのか詳しく説明していきましょう。

超音波は1秒間に100万回~300万回の細かな振動を与え、患部の代謝を促進することができます。ケガの状態や回復時期によって、振動数などを使い分けることにより早く炎症や腫れをひかせることができます!(急性期のものに多く適用)

超音波は熱を発生させることができます。固まった筋肉は温度が低くなっているため、40度まで温める必要性があります。ホッカイロやお風呂などでは表面しか温まらず筋肉までは届きません。しかし超音波は深さも約3㎝~7㎝まで届くため、深いところの筋肉まで緩めることができるます!(慢性期のものに多く適用)

当院の超音波の特徴、それはハイボルテージという電気を一緒に流すことができます。 

ハイボルテージは高電圧の電気になっており、それを流すことにより、神経の興奮抑制、痛みの軽減、筋肉の活性化を期待できます!

 

ほかにも超音波には骨折してしまったときに早く骨をくっつける(骨癒合)こともできるのです!

 

上記のように、超音波には様々な効果があり、幅広い症状に適応できます。

当院では、患者様の状態に応じて超音波の設定を変更しております。

知れば知るほど奥が深い『超音波』です。

早くケガを治したい・スポーツに復帰したいと思っているのであれば、ぜひ超音波を利用してみてください!(1回3分:300円)

 

拡散型圧力波ショックマスター

【適応疾患】

五十肩・腱鞘炎・バネ指・野球肩・野球肘・テニス肘・ゴルフ肘・ランナー膝・ジャンパー膝・オスグッド・シンスプリント・足底筋膜炎・慢性化している筋や腱の痛み全般・試合前の痛み止め(1~3日持続)・可動域など体のコンディションUPなど

 

 

その他の物理療法を確認したい方は

物理療法~セダンテネオ(電気療法)編

物理療法~ショックマスター(圧力波療法)編

当院へのアクセス情報

所在地〒270-0163 千葉県流山市南流山1-19-7
駐車場合計10台 当院の前に4台 院外6台あり
電話番号04-7113-4104
休診日火曜・祝日
助成券取扱  市町村流山市・松戸市
訪問可能エリア流山市(一部除く) 松戸市(新松戸・馬橋・北小金など)       柏市(一部)※範囲外の方もご相談下さい。対応可能な場合があります。
院長中井 啓太