TEL

グローインペイン(鼡径部痛症候群)

成長痛の治療は南流山駅・流山市・南流山・新松戸の中井スポーツ整骨院

 

サッカーの競技特性から見て、よくある疾患というと、グローインペイン症候群が挙げられます。この疾患は股関節周囲の慢性障害で、腰痛に起因するものが多いです。ですので、局所だけを治療をしても、なかなか治りません。そこで要因である腰痛に着目し、治療することがとても大切です。腰痛はサッカーだけに留まらず、あらゆる競技に共通してさまざまな障害をもたらします。野球の投球動作にしても、腰を痛めていれば肩や肘が十分に挙がらず、肘に負担をかけることになります。あらゆるスポーツで、あらゆる障害のもとになる腰痛を防ぐために、南流山駅・流山市・南流山・新松戸の中井スポーツ整骨院では体幹に注目し、体幹トレーニングを選手に取り入れてもらうよう指導しながら治療をしています。

【グローインペイン症候群への治療方針】
  サッカーの競技特性は蹴る、ターンする、ジャンプする、ストップする、ボールを弾くなどの動作があります。これらの動作を適切に行うにはしっかりした軸足が必要であり、これができていないと、けがにつながることになります。軸足とは具体的にいうと、上半身を片足でしっかり支えられるということです。ボールを蹴るにしても、軸がぶれると腰痛やグローインペイン症候群になりやすくなります。
  治療は鍼もしくは中周派、超音波で硬くなっている筋肉を緩めて、次にストレッチで股関節や腰回りを柔軟にし、最後に腹圧を高めて行う体幹トレーニングを実施します。腹圧をかけて腹筋をやる選手はよくいますが、脊柱起立筋が硬いと上体が挙がりません。体幹トレーニングを確実に行うために、鍼や電気治療、マッサージなどで脊柱起立筋を緩めてあげます。こうすることで、体幹トレーニング時、スムーズに上体が挙がるようになります。また、中殿筋が硬いと骨盤が前傾しやすいので、これを改善する治療なども行います。

 

【股関節周りに違和感がでたら・・・】

股関節周りに違和感や体幹がうまく動かない、体が捻りづらいなどの症状がありましたら、南流山駅・流山市・南流山・新松戸の中井スポーツ整骨院までご相談下さい。痛みや怪我は我慢をすればするほど治りづらくなりパフォーマンス能力も低下します。早期治療が早期回復の鍵です。

当院へのアクセス情報

所在地〒270-0163 千葉県流山市南流山1-19-7
駐車場合計6台 当院の前に4台 当院裏の「南流山1丁目山崎駐車場No.12 No.16」
電話番号04-7113-4104
休診日火曜・祝日
助成券取扱  市町村流山市・松戸市
訪問可能エリア流山市(一部除く) 松戸市(新松戸・馬橋・北小金など)       柏市(一部)※範囲外の方もご相談下さい。対応可能な場合があります。
院長中井 啓太